コンシェルジュ

コンシェルジュ

コンシェルジュ

ふりがなこんしぇるじゅ
分類外来語キーワード
言葉の分野分野:生活
中国語情報・・・

訳語紹介

浜訳訳出目的

語源・由来等

フランス語「concierge」。

フランス語では、コンシエルジュは本来、「大きな建物、重要な建物の門番」という意味をもつが、現在ではそこから派生して、ホテルの宿泊客のあらゆる要望、案内に対応する「総合世話係」「よろず相談承り係」というような職務を担う人の職名として使われている。

前述の通りconciergeはフランス語であるが、古くは「cumcerge」という形で文献に現れる(1195年)。これをさらに遡ると、おそらく俗ラテンの「conservius」に由来し、後者は「servus」(奴隷のように)から派生した語であろう。

表記については「コンシェルジェ」という表記もあるが、フランス語の発音に近い表記は「コンシエルジュ」である。

コンシエルジュ - Wikipedia

使用例文

備考

ホテルで、泊まり客の求めに応じて、街の地理案内や交通機関・観劇の切符の手配などをする係。コンシェルジュ - 国語辞典 - livedoor 辞書)の意味から、ホテル以外の業種での「相談係」「世話係」「案内窓口」などの呼称へと使用範囲が広がっている。

* はてなダイアリーキーワード:コンシェルジュ