訳語浜キーワード作成時の注意

訳語浜キーワード作成時の注意

目次

  • 訳語浜で作れるキーワード
  • キーワードの禁止事項
  • キーワード作成テンプレート
  • 各欄の説明
  • 同じ文字列のキーワードを作成したいとき

キーワード作成時の注意です。ルール見直しのご意見があれば、掲示板などで提案してください。

このグループ全体のルールにつきましては「訳語浜グループ・鉄の掟」をご覧ください。

はてなキーワードについての基本説明ははてなダイアリーガイド「キーワードってなに?」等をご覧ください。はてなグループのキーワードはダイアリーより機能が少なくて仕様も違いますが、基本部分は参考になると思います。違いについてははてなグループのヘルプ - はてなダイアリーとの違い(キーワード機能)もご覧ください。

訳語浜で作れるキーワード

訳語浜で作れるキーワードの種類は「訳語キーワード」と「外来語キーワード」と運営用の「特殊キーワード」です。

キーワードの禁止事項

誤ったキーワード自動リンク防止のための制約

以下は誤ったキーワード自動リンクがたいへん多くなるので登録しないでください。はてなグループはカテゴリーやリンクスコアで自動リンクを制御する仕組みもありませんので。

  1. 1文字の語。「栞」「F」などです。
  2. 2音節までのひらがな・カタカナの語。「ふね」「キャラ」「ビュー」などです。

必要な場合は自分専用のグループを作るなどしてください。

またこのルールくらいですと、このグループでは日記で頻出する語句に対しても自動リンクがけっこうたくさん起こるようになると思います。キーワードリンクを目立たせたい・目立たせたくないのジレンマが生じると思いますが、各自折り合いをつけてくださるよう、お願いします。

一般的すぎる言葉の訳語キーワード

日本語の中で非常に利用頻度の高い言葉をキーワードにすると、日記やキーワードに大変多くのキーワードリンクができて、目立たせたいキーワードが埋没してしまいます。

そこでひとまずGoogleで日本語のページを検索して検索結果が約「10万件」以上の語句は、一般的すぎる言葉として「訳語キーワード」にできないことにします(外来語の方は制約ありません)。Googleの検索結果はどんどん増えて行きますから、数字は時期を見て見直します。

著作権を主張したい内容

このグループは無料版なので、キーワードの内容は株式会社はてなが知的財産権を保有します。このグループ以外のはてなユーザーが、このグループのキーワードを他のグループのキーワードに利用したり、はてなダイアリーキーワードに転載することもできるはずです。

ほとんどの著作権をはてなに対して主張できませんので、もしご自分で著作権を主張したい文章であればキーワードには書かないでください。

ちなみに、訳語一つ一つに対して訳出者が著作権を主張することは元々無理でしょう。訳語自体が著作権の保護対象になることはないと思います。自分で考えた言葉の使われ方を制限したりすることはできません。

規約等の禁止行為

はてな利用規約等、はてなグループのヘルプ、訳語浜グループ・鉄の掟の禁止事項に当てはまる記述・行為は禁止です。特にうっかりしやすいものを書き出します。

  • 過度の引用・著作権を侵害するおそれのある行為。「引用の条件」を満たしていない不当な転載などにお気をつけください。(参考:はてなダイアリーガイド - 著作権のこと
  • 記述内容の中立性。キーワードは不特定の複数人が編集できるもので、個人で所有することができません。キーワードの編集合戦に陥らないような、中立公平な記述をお願いします。また個人や特定団体への誹謗中傷となるような言葉は登録できません。

キーワード作成テンプレート

訳語キーワード」と「外来語キーワード」の定型部分は「キーワード作成テンプレート」を使ってください。

はてなのはてな記法のうち、見出し記法小見出し記法表組み記法を利用しています。

各欄の説明

表組の内容を記入する各欄についての説明です。わかりにくそうなものについては説明用キーワードもありますので、キーワードリンク先をご覧ください。

外来語キーワード

  • 外来語見出し……見出しを作っておきます。「(外来語見出し)」の部分を消して、もう一度キーワード名を書いてください。
  • ふりがな……そのキーワードの読み方。必須です。
  • 分類……訳語浜のキーワード分類です。
  • 言葉の分野……その言葉が使われる分野です。
  • 中国語情報……中国語情報が分かれば記述します。なくてもかまいません。
  • 訳語紹介……よその訳を紹介します。出典となるウェブページがあればリンクの記法等で明記してください。もし初出(最初に訳した人)と思われる記事が分かれば、敬意を表する意味でなるべくその記事を掲載してください。
  • 浜訳訳出目的)……自分の訳語を提案します。他のサイトで発表したものは「訳語紹介」でも結構です。
  • 語源・由来等……語源・由来の情報が分かれば記述します。なくてもかまいません。
  • 使用例文……その言葉を使った分かりやすい例文を、なるべく書いてください。引用の場合は引用元を記載してください。
  • 備考……なにか訳出に当たってのポイントや注意、メモなどがあればここへどうぞ。

訳語キーワード

  • 訳語見出し……見出しを作っておきます。「(外来語見出し)」の部分を消して、もう一度キーワード名を書いてください。
  • ふりがな……そのキーワードの読み方。必須です。
  • 分類……訳語浜のキーワード分類です。
  • 元の語句……訳した対象の言葉を書きます。これがないとなんだかわからない。
  • 言葉の分野……その言葉が使われる分野です。
  • 訳出目的……訳出した目的を「語訳目的」「言い換え目的」から選びます。
  • 出典……よその訳語紹介か、浜訳かを示します。「訳語紹介」は出典となるウェブページがあればリンクの記法等で明記してください。もし初出(最初に訳した人)と思われる記事が分かれば、敬意を表する意味でなるべくその記事を掲載してください。
  • 使用例文……その言葉を使った分かりやすい例文を、なるべく書いてください。引用の場合は引用元を記載してください。
  • 備考……なにか訳出に当たってのポイントや注意、メモなどがあればここへどうぞ。

同じ文字列のキーワードを作成したいとき

例えば特殊キーワードの「コンピュータ」に加え、外来語キーワードの「コンピュータ」も欲しいという場合があります。

またある訳語キーワードを、自分は別の意味で使いたいという場合も考えられます。

しかし、はてなグループでは同じ文字列のキーワードを複数つくる機能がありませんので、同じキーワード内に別々の説明を書くことになります。

表組を複数作成したり、見出しで区切るなどして記述していってください。